韓国崩壊!?知らないとまずい韓国の知られざる現在とは!?2016年版

2016/09/09

「近くて遠い国」

韓国が日本でそのように呼ばれていくとしもの歳月が流れました。

2002年には共同でFIFAワールドカップを開催、韓流ドラマの爆発的ヒット(ヨン様が懐かしい笑)、韓国料理の流行など私たちの生活と切っても切り離せない存在である韓国。

驚かないでください。

実は、現在その韓国が崩壊寸前の状況にあるって知っていましたか?

今日は、私たちの大切な隣国「韓国」の知られざる危機的現状について見ていきましょう!


Sponsored Link
 
   

■韓国経済が破たん寸前!?

韓国経済破綻は秒読み段階に入っています。

韓国の国会内で、昨年末時点で全体負債総額は4781兆5000億ウォン(約478兆1500億円)ということが明らかにされました。
これは、国民1人当たりに換算すると9446万ウォン(約945万円)程度の借金をしているということになるのです!

実は、従来の統計では国の借金にカウントされない「隠れ借金」の存在も指摘されています。

韓国国内の大手「シンクタンク」が分析したところでは、負債総額は政府が発表した額の3倍に上ると推測されているのです!

国民の不満は高まる一方で、将来に悲観して自殺する国民もいる状況なのです!

■昼間から若者たちがたむろしている状況とは!?

「七放世代」

大学卒業後も何年にもわたって、就活を継続する若者がこのように呼ばれています。
一体どうしてでしょうか?

彼らは経済的に困窮し、「恋愛」「結婚」「出産」「マイホーム」「人間関係」「夢」「就職」の7つを諦めざるを得ないために、「七放世代」とよばれているのです。

背景には中小企業と大企業の収入格差があります。
実は、生涯収入では「2倍以上」の収入格差が存在するため、若者は大企業に殺到し、結果的に数多くの就職浪人を生み出してしまうのです。

■韓国が日本に緊急援助要請!?

 就職難にあえぐ韓国の若者の日本への就職を支援しよう!
韓国ではこのスローガンのもと、若者の日本への就職斡旋を加速させているのです。
すでに、日本の就職情報会社マイナビ、韓国の求人情報サイトのジョブコリアと業務協約を結び、ソウルで「日本就業成功戦略説明会」もすでに開催しています。
今後、日本と韓国は「就職」というキーワードを基に再びタッグを組むことになるでしょう。
あなたはこの状況をどう考えますか?

■韓国観光や翻訳はこのサイト一つで完結

最後にオマケの情報として、韓国の観光情報と翻訳などのお役立ちサイトの情報を付け加えておきます。

困ったときはお互いさま。
韓国と日本の関係が「近くて遠い国」から「近い国」と認識される日が来ることを願って。

韓国の総合ポータルサイト「コネスト」
旅行情報や翻訳機能を持っています。

⇒ コネストのトップページはこちら
⇒ コネストの韓国語翻訳ページはこちら

Sponsored Link

-経済