マイナンバーのメリットデメリット。個人番号カードの申請方法など知っ得情報!

2016/06/05



あなたはもうマイナンバーを受け取りましたか?
あなたのご自宅に「個人番号 = マイナンバー」が記載された通知カード(緑色のカード)が簡易書留で届いたと思います。

マイナンバーと言ってもいまいち活躍の機会もありませんし、受け取り拒否をする人もいたりと、何のためにあるのかいまいち私はわかっていません。(苦笑)

ここでは私自身のためにマイナンバーについて調べたものをまとめてみました。

マイナンバーによるメリットやこれは知っていて損はないという情報についてまとめてあります。

こちらのサイトでは以下の内容について書いてあります。


・マイナンバーを持つことのメリット
・持たなくても平気なのか?(受取拒否について)
・個人番号カード(マイナンバーカード)の申請方法

■マイナンバーを持つことのメリット

今後行政はマイナンバーを様々なサービスと結び付けることを予定しています。

マイナンバーカード(※1参照)を持っていれば、コンビニなどで住民票や、印鑑証明などを取得できるようになるようです。

※1
マイナンバーカード = プラスチック製のICチップ付きカード。本人顔写真、住所、氏名、生年月日、性別、マイナンバーが記載されたカードのこと。市役所などで取得できる。(通知カードとは別に、申請して取得する必要がある)

マイナンバーカードの申請はこちらからできます。

Sponsored Link


■マイナンバーは持たなくても平気なのか?

さらに今後はマイナンバーと金融講座の紐づけをすることが決定しています。
義務化はしばらく先のようですが、マイナンバーと紐づけのない講座は何かしらの利用制限がかかる可能性があるようです。

こうなってはデメリットとなりますので、マイナンバーを受け取っていない人は、ゆくゆくは損をしてしまう可能性がありますね。

また、マイナンバーの通知カードは受け取らなくても、あなたのマイナンバーはすでに発行、登録されているんです。

私の見解は、現状はマイナンバーを持っていなくても平気だが、将来的には持っていないと(銀行等の紐づけをしないと)損をする。というふうに捉えています。

Sponsored Link


-生活